とりゐ味噌

とりゐ味噌便り

お味噌の前に蔵めぐり、
お味噌の後も蔵めぐり。



とりゐ味噌の展示ギャ
ラリーでは4月の下旬
まで<蔵のある街>と
いうタイトルで、蔵や
古民家を再生して自社
製品や雑貨を販売した
り、カフェやイベント
スペースを営まれてい
る皆さんをご紹介して
います。

江戸時代に建てられ戦
災にも耐え残った老舗
・ごま店の萬次郎 蔵
2つの商店の蔵を1つ
に連結させたIOR?I
&雲州堂
、消えゆく
運命にあった蔵と古民
家を劇的に甦らせた
kaico cafe

展示では、、、


 

完成後のユニークな空
間活用法や設計段階の
模型・デザイン画等も
ご紹介しています。
志ある店主たちの熱い
メッセージとともに、
ご覧くださいませ。

とりゐ味噌ご来店の折
には、お食事、お買い
もの、ご休憩に、ぜひ、
ぜひ、蔵めぐりもお楽
しみください。



 
とりゐ味噌の公式Fa
cebookページが
できました。



とりゐ味噌の公式フェ
イスブックがスタート
しました。
この上の天神さんの
梅鉢紋入りエンジ色の
バナー部分(Face
bookはこちら)を
クリックください。
 
バックナンバー
                                    

センターブログのバッ
クナンバーをご覧に
なりたい方は、コチラ
をクリック!
 
森の中にいるような鳴
き声を聴きにいらして
、、、

                                                                                                            

先代壁時計が壊れて以
来、長らく空席になっ
ていた、弊社店頭の壁
面に、このたび新たに
鳩時計ならぬカッコー
時計が登場しました。
この素敵なスロベニア
製の壁時計は、毎定時
に美しい鳴き声を聴か
せてくれます。皆さん
も、まるで森の中にい
るかのような愛らしい
鳴き声をぜひ聴きにい
らしてみませんか。


 
大阪市北区の職人さん
たちが、とりゐ味噌の
戦前の店舗を再現!

                                    
                                    

このたび天満地区HO
PEゾーン協議会事業

の一環として、弊社ビ
ル正面角に常設展示コ
ーナー”しつらい空間”
が誕生しました。
第2次世界大戦で焼失
した旧弊社店舗のイメ
ージがこの空間に再現
されています。
再現にあたっては地元
大阪市北区の職人さん
たち
が<提灯><表具>
<畳>など、分野毎に
その高度な職人技を注
いでくださいました。
なお、当ウェヴサイト
の歴史とこだわりペー
ジ(店名の由来欄)で
はこのたびの再現空間
の元となった1903
(明治36)年に大阪
の天王寺で開催された
日本初の万国博、第5
回内国勧業博覧会
に出
展された、当時の店舗
のミニチュア模型がご
覧いただけます。